忍者ブログ
イベントとか造型とか買い物とか愚痴とかメンバーの活動状況とか…
一品物としての造型と量産も考慮しての造型。
その両者には作り込みに於いて純然とした差がどうしても出てしまう。

薄いパーツを薄く作ると複製には絶対的に向かない
(業者さんに出すとか、相応の技術が有れば可能だけれど)。
徹底的に細部を作り込むと、これもまた向かない
(同上)。
細部を表現する為にバラバラにするとこれも当然向かない
(複製って行程は絶対的に歩留まりが悪いから)。

原型その物を塗るのが好きじゃ無い(複合素材は経年変化が怖いので)ので
どうしても複製した物にしたい自分としては
コノ辺をどう「折り合い」をつけるのかが何時も悩みの種。

また、ワタルシリーズの様に構成が大雑把な場合
ヘタに分割する訳にもいかないが
単発の部品としては抜きが難しくなってしまったりとか
とにかく「複製」って行程を考えると頭がイタい事が多いワケなのです。

レジンキットがインジェクションキットに勝っていた
細部の作り込み
は、分割で対応出来ちゃう現在に置いては大きなアドバンテージになり得ない
(逆アールの部品を一体で成型できないってトコは、分割で対応出来るわけで、そこはまぁパーツ数の増加とコストに目をつぶれば可能は可能なわけです)。

果たしてレジンキットは今後どう進むべきなのか…
なんて事を柄にも無く考えちゃったりとか…。

要は全然進まない自分の造型に対しての脳内逃避行動なんですけどねー…はぁ…。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
mx(エムクス)666
HP:
性別:
男性
職業:
憑物落とし
趣味:
見たまんま
自己紹介:
メカ造型スキー

Twitter:ID @mx6x3
カウンター
最新記事
(07/26)
(04/19)
(04/04)
(03/31)
(03/09)
最新コメント
[02/26 mx666]
[02/24 名乗る程のもんじゃございやせん]
[09/18 mx666]
[09/07 123zzy]
[09/07 123zzy]
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
P R
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone