忍者ブログ
イベントとか造型とか買い物とか愚痴とかメンバーの活動状況とか…
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遅くなりましたがWFでこのキットをご購入頂きありがとうございます。
今回のキットは改造パーツということで本体の加工が必要となります。
こちらでその部分についての詳細をアップいたします。

1・頭部の加工
頭部は一部が接着やネジ止めとなっております。
なので、以下の手順で素体状態にしてください。

まず頭部を外します(この画像時点で首元の勾玉が外れていますが、そこは後ほど)

頭部裏面です。

やや見えにくいですが、
ナイフの先にあるピンをカットしてください。
(画像の角度から斜めに押し込むとカットできます)

すると、このようにパーツがバラせます。

さらに顔部分もバラすとフレーム部のネジ止めが確認可能になりますので

ここまでパーツをバラしてください。
あとはキットのヘルメットパーツに取り付ければOKです。
ネジ止めはやや難しくなってしまったので
最後に接着するか、ダボを太らせるなどでキツ目に調整してください。

2・肩部の加工
肩のパーツは前面のプレートと上部の龍牙拳の基部を外します。

かなりキツめのハメ込みとなっている場合もありますので
様子を見ながら外してみてください。

プレートを外すと肉抜き埋め?のパーツがありますので
これも外します。

肩の加工は以上です。
あとは元のダボの通りにキットパーツをハメてください。
抜きの都合上薄いプレート状パーツはゆがんでいる場合があります。
その場合は熱湯やドライヤーで温めて調整してください。
ただし、パーツを素体につけたまま高温にしすぎると、
素体の部分に変形が起きるかもしれませんのでご注意ください。

3・胴体部の加工
首元の赤い勾玉パーツは上方向にひっこ抜けます。

抜きづらい場合は画像の部分からテンションをかけると
胸部前面部が前方向に外れますので
その状態で実行するとやりやすくなるかと思います。

さらに腹部の金色の装飾を全て取り外します。
ここは部分的にキッチリと接着されていますので
(個体差があると思われます)
パーツを破壊するくらいの感じで取り除いてやってください。

(画像でも幾つかは完全に破損しています)
この部分は正面のメインの一つを除きほぼ見えませんので
取り付けダボなどの処理はユーザーさんの好みで行ってください。

以上が素体となるR魂龍神丸ver,2.0の加工の説明となります。
その後のキットパーツの取り付け等は、
おおよそわかってもらえるのではないかと思いますので
割愛させていただいます。

レジンキットでありますので、変形や収縮等があります。
本体とのフィッティングについては先にも書いたように
温めてやるなどして調整してみてください。

個人製作のキットですので至らない部分が多いかと思いますが
完成させていただけると嬉しく思います。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[365] [364] [363] [362] [361] [360]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
mx(エムクス)666
HP:
性別:
男性
職業:
憑物落とし
趣味:
見たまんま
自己紹介:
メカ造型スキー

Twitter:ID @mx6x3
カウンター
最新コメント
[02/26 mx666]
[02/24 名乗る程のもんじゃございやせん]
[09/18 mx666]
[09/07 123zzy]
[09/07 123zzy]
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
P R
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone